最近増えている!?女性営業の強みとポイント

男性ばかりの仕事ではない

かつて営業といえば、主に男性が勤めることが多かった業界です。営業職は強い忍耐が必要だったりなど、もともと男性向きのところがありますが、最近では女性の営業も増えてきているのです。むしろ、男性が多い業界であるからこそ女性の目線が新鮮で有意義なものになったりもし、営業の業界でも女性の力が必要になってきてもいるのです。むしろ女性の方が向いている営業分野もあったりしますし、女性が営業をすることの強みというのは意外とあるものなのです。

営業女性の共感性について

人間には共感指数と呼ばれるものがあると言われています。共感指数というのは、一種の共感する能力といったようなもので、実はこの共感指数は男性よりも女性の方がずいぶんと高い傾向にあるのです。男性の営業マンの場合、営業のモチベーションとしてノルマを達成するということにとらわれがちなのですが、営業女性の場合、ノルマの達成よりもお客さんから感謝されることの喜びとか、良い商品を紹介したいという熱意などが営業男性に比べて強い傾向にあるのです。

男性の多い業界に女性がいることの協調性

営業というのは、個人よりもチームワークが重要なものだったりします。ある個人がいかに営業ノルマを達成していても、足を引っ張る人がいれば営業全体の成績というのは落ちてしまうものです。つまり、営業にはこのチームワーク、すなわち協調性が重要なんですね。男性ばかりの業界に女性がいることによって、むしろ結束が高まってパフォーマンスが上がるというデータもあったりします。女性営業というのは、こういった協調性の部分でも貢献しているのです。

女性営業が活躍できる業種は、アパレルや保険会社、化粧品メーカー、ハウスメーカーなど生活に密着した業種です。