ヘアメイクを仕事とする際に便利で有利な資格

ヘアメイクアーティストとして有利な美容師免許

仕事としてヘアメイクを行う際に持っていると有利な資格として、美容師免許があります。パーマネントウェーブや結紙に化粧と、様々なヘアメイクアップを行うことができます。美容師免許を取得する場合ですが、受験資格として高校卒業後に美容師養成施設を卒業が必要となります。卒業後に国家試験を受験します。試験内容は試験や実技に筆記とあり60点以上が合格ラインです。試験に合格することで美容師免許を取得することができます。

ヘアメイクの際に便利なメイクアップ技術検定

ヘアメイクを行う場合に欠かせないのがメイクアップの技術です。その為、メイクアップアーティストとしての技術証明として、JMAメイクアップ技術検定というのがあります。検定のレベルは最高が1級であり一番下が4級からとなります。試験を受ける場合は飛び級などは認められておらず、4級から1つずつ級を上げていく方法しかありません。4級の場合の試験内容は筆記のみとなっています。3級以上の試験内容には、筆記のほかにも実技試験などが行われます。最難関の1級試験では実技や筆記のほかに、接客マナーやカウンセリングスキルテストなども行われます。

ヘアメイクに欠かせないネイリスト技能検定

ヘアメイクの行う中で重要なポイントとして、ネイルがあります。髪形や化粧やファッションに合わせ、爪も綺麗にメイクするためにネイリスト技能検定というものがあります。ネイルはただ色を爪に塗るだけでなく、指の形や関節具合、その人の爪の特性を見極めて適切にネイル処理をする必要があります。検定内容は1級から3級までの段階に分けられ、試験の内容は全て筆記試験と実技試験になります。3級の合格率は約88%程度、2級になると約40%、1級では約38%となっており、1級を取得するのはとても厳しい検定です。

ヘアメイク派遣は依頼をすると直ぐに担当の人材を派遣してくれるので急に人手が足りなくった場合にも便利です。