転職をするなら若いうちに決断しましょう!

日本もアメリカのような転職社会になる?

転職というと、何となくネガティブなイメージがあるものです。つまり、できればずっと同じ会社に務めていたいというのが、日本人の考える理想的な会社人生と言えるのではないでしょうか。でも、欧米のように、日本人もチャンスを捉えて積極的に転職をするべきであるとする、新自由主義的な主張をする人もいます。つまり、日本もアメリカのようになるべきだという主張なのですが、このような意見も、日本社会の現状を考慮に入れていなければ、非常に無責任な発言であるとも言えます。

中高年での転職は難しい?

つまり、今の日本の転職市場のことを考慮に入れるならば、40代や50代になった人が転職をするのは、かなり難しいと言えます。テレビ番組などでは、転職に成功した中高年のサラリーマンのエピソードなどが紹介されることもありますが、それは全体から考えると、ほんの数パーセントの人達に過ぎないと言えます。ですから、転職を考えるなら、20代・30代といった比較的若い段階で決断した方が、成功する確率が高いと言えます。

採用会社は若い人を求めている!

転職をする人間の立場から考えるならば、20代や30代では、まだ社会人としての経験が豊富とは思えないし、積極的にアピールできる所もないと感じられることでしょう。しかし、十分に経験を積んだ40代・50代ともなりますと、自分では経験豊富でアピールできる点もあると思っていても、年齢だけで足切りされて、もう採用してくれる会社がないというのが今の日本社会の現状です。ですから、まだ若いうちに、転職にチャレンジされることをオススメします。

営業の転職サイトでは、多くの業界で募集しているため希望する勤務地や給与体系など把握することができます。