admin のすべての投稿

チェックしておきたい!飲食店のアルバイトで面接に受かる方法

第一印象を左右する大きなポイント

飲食店で働いた場合、賄や割引などのスタッフ特典が生まれるのが嬉しいポイントです。一人暮らしの人やできるだけ支出を抑えたい学生にとって魅力的なアルバイトなのです。飲食店の面接を受ける場合、どのような点に気を付けたら良いのでしょうか。最も大切な点と言えば髪型が挙げられます。髪型は人間の第一印象を左右する大切な要素ですから、お客様に不快感を与えないためにもできるだけ短くまとめて行きましょう。色が明るすぎる場合染め直す事も大切です。

キッチンのアルバイトに求められるもの

飲食店と言えば接客以外にもキッチンのアルバイトが存在しています。キッチン志望でアルバイトの面接を受ける場合、必ず爪を短くして行きましょう。そうした細部に人間の清潔感は現れます。キッチンのアルバイトにおいて衛生観念は何よりも大切なのです。万が一自分から食中毒が発生してしまった場合、お店に大きな損害を与える事になります。一度食中毒が発生したお店はその印象を拭い去るのが容易ではありません。清潔感を持って面接に臨みましょう。

どのような職場でも大切な事

どのようなアルバイト先でも、できるだけ使い勝手の良いスタッフを求めるものであり、飲食店も例外ではありません。特定の飲食店で働きたい場合、できるだけシフトに入れる事をアピールしましょう。一日の勤務時間だけでなく土日祝日も出勤できる事を主張すれば他の面接志望者よりも好感触を与えられます。また勤務先にとってできるだけ近くに暮らしているスタッフの方が雇いやすい特徴があります。交通費を抑えられるだけでなく、代替要員が必要な際にすぐに呼び出せるのです。そのためできるだけ近場の飲食店で面接を受けましょう。

福岡市での飲食店の求人は件数も多いので、好きな場所から探すことができます。初心者や未経験の方でも募集している場所が多々あります。

どんな試験があるの?保育士試験の内容とは

受験資格を満たしていないといけない

もっとも手っ取り早く保育士の免許を取得したいのであれば、保育士試験に合格してしまうという方法がいちばんでしょう。しかしこの保育士試験、誰もが受験できるわけではありません。試験を受けるためには、まず受験資格を満たしていないといけないのです。すなわち、大学、短大、高等専門学校を卒業しているものであることが基本であり、高卒という資格ではそもそも試験自体を受けることができないのです。ただ、高卒という資格であっても、児童福祉施設で一定時間の経験を積んでいるなどの条件を満たしていれば、保育士試験を受けることができるようになります。

どんな試験を受けるのか

保育士試験では、主に筆記試験と実技試験を受けることになります。ただ、実技試験は筆記試験に合格した者だけが受験することができ、筆記試験に合格しないと実技試験を受けることすらできません。その筆記試験ですが、すべて合わせて8つの科目に分かれており、8つの科目すべてに合格することが実技試験へ進む条件となります。保育士試験で特徴的なのは、たとえある科目で不合格になっても、合格した科目があれば2年以内はその合格を引き継げるということです。つまり、8科目中5科目しか合格できなかったとしても、その合格した5科目については翌年も有効だということです。

保育士試験の試験日程について

保育士試験は年に一回しか開催されません。しかも合格率はおよそ10パーセント強という狭き門です。一度チャンスを逃してしまうと、次の年まで待たなければいけないということです。試験の日程については、筆記試験が毎年8月上旬の2日間にかけて開催され、実技試験は筆記試験に全科目合格した者のみ10月中旬の日曜日に開催されるというのが通例です。年に一回だけの開催とはいえ、筆記試験については合格科目を引き継げるので、合格率はかなり低いものの、要領よくこなせば2年で合格することも不可能ではありません。

保育園の求人は、現在たくさんあります。なぜなら、保育園の待機児童問題以降に保育園や類似の施設がぞくぞくと開業したからです。なので、保育士の経験がある人は雇ってもらいやすいでしょう。