admin のすべての投稿

ヘアメイクを仕事とする際に便利で有利な資格

ヘアメイクアーティストとして有利な美容師免許

仕事としてヘアメイクを行う際に持っていると有利な資格として、美容師免許があります。パーマネントウェーブや結紙に化粧と、様々なヘアメイクアップを行うことができます。美容師免許を取得する場合ですが、受験資格として高校卒業後に美容師養成施設を卒業が必要となります。卒業後に国家試験を受験します。試験内容は試験や実技に筆記とあり60点以上が合格ラインです。試験に合格することで美容師免許を取得することができます。

ヘアメイクの際に便利なメイクアップ技術検定

ヘアメイクを行う場合に欠かせないのがメイクアップの技術です。その為、メイクアップアーティストとしての技術証明として、JMAメイクアップ技術検定というのがあります。検定のレベルは最高が1級であり一番下が4級からとなります。試験を受ける場合は飛び級などは認められておらず、4級から1つずつ級を上げていく方法しかありません。4級の場合の試験内容は筆記のみとなっています。3級以上の試験内容には、筆記のほかにも実技試験などが行われます。最難関の1級試験では実技や筆記のほかに、接客マナーやカウンセリングスキルテストなども行われます。

ヘアメイクに欠かせないネイリスト技能検定

ヘアメイクの行う中で重要なポイントとして、ネイルがあります。髪形や化粧やファッションに合わせ、爪も綺麗にメイクするためにネイリスト技能検定というものがあります。ネイルはただ色を爪に塗るだけでなく、指の形や関節具合、その人の爪の特性を見極めて適切にネイル処理をする必要があります。検定内容は1級から3級までの段階に分けられ、試験の内容は全て筆記試験と実技試験になります。3級の合格率は約88%程度、2級になると約40%、1級では約38%となっており、1級を取得するのはとても厳しい検定です。

ヘアメイク派遣は依頼をすると直ぐに担当の人材を派遣してくれるので急に人手が足りなくった場合にも便利です。

最近増えている!?女性営業の強みとポイント

男性ばかりの仕事ではない

かつて営業といえば、主に男性が勤めることが多かった業界です。営業職は強い忍耐が必要だったりなど、もともと男性向きのところがありますが、最近では女性の営業も増えてきているのです。むしろ、男性が多い業界であるからこそ女性の目線が新鮮で有意義なものになったりもし、営業の業界でも女性の力が必要になってきてもいるのです。むしろ女性の方が向いている営業分野もあったりしますし、女性が営業をすることの強みというのは意外とあるものなのです。

営業女性の共感性について

人間には共感指数と呼ばれるものがあると言われています。共感指数というのは、一種の共感する能力といったようなもので、実はこの共感指数は男性よりも女性の方がずいぶんと高い傾向にあるのです。男性の営業マンの場合、営業のモチベーションとしてノルマを達成するということにとらわれがちなのですが、営業女性の場合、ノルマの達成よりもお客さんから感謝されることの喜びとか、良い商品を紹介したいという熱意などが営業男性に比べて強い傾向にあるのです。

男性の多い業界に女性がいることの協調性

営業というのは、個人よりもチームワークが重要なものだったりします。ある個人がいかに営業ノルマを達成していても、足を引っ張る人がいれば営業全体の成績というのは落ちてしまうものです。つまり、営業にはこのチームワーク、すなわち協調性が重要なんですね。男性ばかりの業界に女性がいることによって、むしろ結束が高まってパフォーマンスが上がるというデータもあったりします。女性営業というのは、こういった協調性の部分でも貢献しているのです。

女性営業が活躍できる業種は、アパレルや保険会社、化粧品メーカー、ハウスメーカーなど生活に密着した業種です。