保育士になりたい!保育士免許取得に必要な科目について

たくさんの必修科目があります

子供たちと毎日楽しく遊んだり、お世話をする保育士の仕事。保育士の仕事に就くためには保育士資格が必要になります。保育士資格は四年制大学、短期大学、専門学校などに通い、必要な単位を取得することで、卒業と同時に取得することができます。それでは、保育士資格を取得するための必修科目にはどのようなものがあるのでしょうか。例をあげると発達心理、乳児保育、小児保健、小児栄養、障害児保育など、子供に関わる科目が細かく分類され、かなりの科目を学ぶ必要があります。

実際に保育所で実習します

保育士資格を取得するためには、必ず保育所で実際に実習をしなければなりません。一番最初におこなう実習は見学実習です。これは保育所で保育士の動きや子供の一日の様子を観察するのです。基本的に子供とはタッチしません。次の実習は実際にクラスに入り、先生として子供と関わりながら、対応の仕方なども学んでいきます。そして実習の後半には実践がはいります。紙芝居を読んだり、朝の一定時間の活動を任されます。最後の最後には丸一日ほど任されるのです。もちろん実習後には反省会やノートのまとめもあり、目が回るほど忙しいのです。

ピアノも必修科目です

保育士といえば、ピアノを弾きながら子供たちと楽しく歌っているイメージがありますよね。もちろんピアノも必修科目の一つです。幼いころにピアノの習い事をしていたというような人は苦ではないと思いますが、保育士資格取得のための学校に入って初めてピアノに取り組む人は、かなりの努力が必要かもしれません。ピアニストのように難しいクラシックが必要なわけではありませんが、それなりの試験もあるので必死に練習する必要があります。実際に保育士になればピアノを弾きながら歌う必要があるので、重要になってきます。

チャンスにも恵まれた場所で求人探しするなら保育士の求人を東京で選びましょう。未経験者からでも雇用してくれます。

現在、飲食店でのアルバイトを考えている方へ!

面接でのポイントUP方法ってある?

どんなアルバイトでも一緒ですが、第一印象は非常に重要です。特に面接は、初めて雇い主に顔を合わせる場です。この場で、ポイントUPをして印象を良くしておけば、採用に一歩近づけます。そのポイントUP方法は、笑顔と声です。特に飲食店でのアルバイトの場合は、接客業のため笑顔と声を重視します。また、お客様の印象が良ければリピーターとなり、リピーターが新規のお客様を呼びます。面接時には、相手にできるだけの笑顔と少しでも大きな声で受けることをお勧めします。

仕事内容って大変なの?

飲食店での主な仕事内容は、お客様との対応です。もちろん飲食の提供や片付け以外にも清掃などもあります。大変なのは、体力です。飲食店での仕事は、一日中立ち仕事になるので、慣れないうちは足が痛くなります。でも、一週間ぐらいでなれるでしょう。馴れるころには、オーダーの取り方や、片付けなどもスムーズになり接客が楽しくなっていくと思いますよ。気づかないうちにお客様との会話を楽しんでいたり、色々と気づけるようになっていると思います。

どんなタイプの人が向いているの?

どんなアルバイトでも、向き不向きがあると思います。それはアルバイトだけでなく社員でも一緒です。飲食店の場合は、お客様と接する仕事なので、まずは話すことが好きなタイプが向いていると思います。次には明るい性格のタイプです。この最低でも2つの条件が揃っていれば、飲食店では、働いていくことができます。さらに欲を言えば、普段からよく気づける人などは向いていると思います。逆を返せば飲食店え働くことによって得られる利点もあります。

ミナミなどの繁華街があり、飲食店も多数ある大阪では夜遅くまで営業している飲食店も多数あります。そういった居酒屋などの飲食の求人なら大阪にたくさんあります。