洋菓子を扱う工場で働いてみよう!注意事項やメリットを紹介!

洋菓子工場の仕組みとは?

工場の仕事はいろいろな種類がありますが、今回は洋菓子の工場について紹介していきたいと思います。小さな工場ではなく日本中にチェーン店を持つ大手の洋菓子工場について見ていきたいと思います。日本に3つある工場から毎日日本中のチェーン店の店舗へと運ばれます。その他にコンビニやカフェ、レストラン用の洋菓子も生産しているのです。そのため工場は昼、夜稼働しています。さらに洋菓子店の忙しくなるクリスマスなどのイベント時にはさらに従業員を募集して生産しているのです。

洋菓子工場で気を付けることとは??

洋菓子工場だけではなく、飲食を扱う仕事で一番気を付けなくてはいけないことは衛生面です。最近では異物混入のニュースも問題になっていますよね。従業員は指定のユニフォームを着用しています。これは一度着用したら工場側でしっかりと洗濯されます。そして帽子、手袋、指定の靴を着用し、マスクもつけ、目の部分だけが見えている状態で仕事を行うのです。さらには仕事前に手を何度も洗い、服全体にコロコロクリーナーをかけ、全身に消毒をしてから仕事を始めるという力の入れようなのです。

大変さの中にも嬉しいアウトレット販売!

洋菓子工場ということで、例えば、ケーキを焼く担当になれば仕事中はずっと蒸し暑い環境の中、アイスや冷蔵物の担当になればずっと寒い環境の中で作業をしなければなりません。さらに毎日こなさなくてはいけない個数があるので、スピーディーさも求められ、とても大変な仕事です。しかし、そんな大変な中にも嬉しいことがあります。形がくずれてしまい販売できない商品がお昼休憩に無料で食べ放題!さらにアウトレットの洋菓子を格安で買い持ち帰ることもできます。スイーツ好きにはたまらない特典ですね!

工場の求人は専門の情報サイトなどを利用すればエリアや業種別に色々な種類を見つけられて非常に便利です。